熱中症について

夏場は熱中症の患者さんを診ることも多い開発ドクターに、熱中症の予防法と、なってしまったときにまっ先にしなければならないことをお伺いしました。どうぞご参考になさってください。

熱中症の予防について

1.体調を整える

睡眠不足や風邪気味だと暑さ、紫外線に弱くなってしまいます。
身体の具合が悪いときには無理して外出や運動などはしないようにしましょう。

2.服装に注意

通気性が良く、直射日光を浴びにくいものが望ましいです。
肌の露出は一見涼しそうにみえますが、実際は紫外線を直接浴びると疲労が増加してしまいます。外出時には帽子や日傘など、日よけになるものを使いましょう。

3.こまめに水分補給

のどが渇いたと感じたときにはすでに身体はかなり脱水状態になってきていることが多いのです。とくに夏場は汗をかくことで水分だけではなく塩分も失われてしまいますから、スポーツドリンクなどがおすすめです。コーラ、コーヒー、緑茶、紅茶などのカフェイン飲料は利尿効果が高く、飲んだ以上に水分が排出されてしまうのでおすすめできません。麦茶はノンカフェインなのでおすすめなのですが、冷房の効いたところで飲みすぎると胃腸がやられて夏バテになりやすいのでほどほどに。

4.年齢による配慮が必要

身長が低くて地面からの放射熱を受けやすい小さなお子さんや、体力・筋力ともに衰えはじめた高齢者はとくに熱中症になりやすいので、まわりの方の注意や配慮が必要です。

 

熱中症にかかってしまったら

1.涼しい日陰やクーラーの効いた部屋に移動

2.衣服をゆるめて休む

3.身体を冷やす

氷や冷たい水でぬらしたタオルを脇、脚のつけ根、首というように身体(体幹)から頭、両手、両足に向かって太い血管が流れているところのおおもとを冷やすようにする。

4.水分補給

ただの水より、スポーツドリンクなどで脱水を補うことが必要。

 

筋肉が痙攣しているとき熱けいれん

痙攣している部分をマッサージする。特定の部分が冷えているならその部分もマッサージする。

皮膚が青白く、体温が正常なとき熱疲労

心臓を足より高いところにおいて、仰向けにして寝かせる。水分補給ができるならスポーツドリンクなどをこまめに補給する。

皮膚が赤く、熱っぽいとき熱射病

上半身を高くして、座っている状態で寝かせ、とにかく身体を冷やす。アルコールで身体を拭くのも効果的。冷やすことが必要ではあるが、身体の表面だけを冷やして震えさせるようなことはしないように。身体全体の対流(血流によって熱を移動させること)を使って、全部を冷やすようにする。(上記3.のやりかたを参照。)

意識がはっきりしないとき

呼びかけへの反応が鈍くなっていたり、言動がおかしかったり、意識がないときはすぐに救急車を呼ぶ。熱中症であるとわかっているときには同時に応急処置を始める。意識がないときには水分補給は不可能。無理をして嘔吐をさせるとかえって危険。また吐瀉物に気をつけるために横向きに寝かせておく。

もし熱中症になってしまったら、症状がいったん回復しても一度は病院へ行ったほうが安全です。